快食・熟睡・快便ができていないスタイルを抜け出すために

快食・眠り・快便が出来ていないわたし。輪郭・ウエイトを気にして減量を続けていくうちに、段々と食品分量が減ってきてしまって気づけば、ご飯が食べられないほどお米に対して否決リプライが出てきてしまいました。
眠りも思い悩むことが多くて、しっかりすっぱり眠ることができないし、便の方も昔からわたしは便秘もちなので、すっぱり溜まっていた品全て出たー!という認識がありません。便秘が嫌で嫌で、仮にこれを見直ししようと小説やオンライン、テレビなどの情報から便秘に効く食品や作用(ストレッチング)などを試してきましたが、(コンニャクを食する,水溶性・不溶性食物繊維をバランスよく召し上がる・発酵ごちそうを採り入れる・胴の「の」のキーワード運動をする・あるく,ともかく運動をする・早朝決まった時間に便所に行き出なくても便所に陣取るなど)どれもわたしには効力がなかったです。これからここまで来たら、どれだけ私の腸は頑固です!と思ってしまいます。はたして溜まって溜まって仕方ないときは便秘に効くとされる薬を飲んで差し出すようにしています。飲むと起きるには出るのですが、その日一日は遠出はできないほど、便所とお友達状態になってしまう。毎日生まれるみたいだったら薬のお世話になることもないだろうし、これ程思い悩むこともないんだろうなぁと思います。便秘だと輪郭もデブになるし、デブだと食生活も気持ちになっちゃって、始めに書いたように食品分量も減っていって仕舞う・・・最近わたしは、不のチェーンに陥っている。あぁこういう最悪から逃げ出したいです。誰か助けてほしいです。脇毛の処理に疲れた女性が通う脱毛サロン

快食・熟睡・快便ができていないスタイルを抜け出すために