すこし思い出深い韓国でのこと、航空機を引き戻させたこと

少々思い出深い文句にナッツ販売という文句があります。これは韓国の女オーナーがエアーのおつまみがナッツだったことに激怒してエアーを飛行場に引き戻させた異変をナッツ販売という風に名付けたものです。可笑しいネーミングです。但しほとんど深かった。ナッツという文句には激怒するに関してもあるからです。
こんなスラング的Englishの文句は塾ではよく教えてもらえません。但し音の中ではよく聞く広告であったりします。
Englishというと、日本語とEnglishで考えを勘違いしている文句も結構あります。ハイジャック、日本ではテロリストなどエアーを乗っ取ることを思い浮かべます。ただしEnglishでハイジャックは泥棒のことです。「HiJack!」と言ってドライバーに声をかけて、自慢させて自動車を荷別盗むという意味です。さすがにパイロットに「HiJack!」と直接的言えないし、エアー別乗っ取ってもハンドリングできません。ですからハイジャック、エアーを乗っ取るに関してには使わないそうです。
従来クイズチャンネルで「エアーのシートのアルファベットにIが入っていないその理由は」というクイズがありました。支援でおなじみのヒマ課長の答えが桁外れでした。
HIJKと丸々シートナンバーを付けてしまうとハイジャックと掴むことが出来るので、エアーのシートナンバーとしては縁起が低いから、という受け答えでした。こちら回答でいいんじゃない?けれども実際の回答は、「アルファベットのIは成績の1に見えてややこしいから」でした。それでもやつにどや面持ちでしゃべりたいのはハイジャックの受け答えですね。脱毛したい千葉女子は要チェック!

すこし思い出深い韓国でのこと、航空機を引き戻させたこと